高時給でも仕事が大変


コールセンターの仕事で求人を増やしている場合には、目玉商品や季節ものの洋服などを販売するときに、インバウンド業務の人数を増やして、1本の電話も見落とさずに注文に繋げるためだと考えられます。そのような時期には、一人でも多くの人材を集めたいから、普段よりも時給を高くして迎え入れようとしています。コールセンターの求人に採用された場合には、まずは電話でのマナーなどを教えてもらいます。そこで1日から1週間程度みっちりと教育されてからインバウンド業務に就きます。

また、アウトバウンド業務という発信タイプのコールセンターの求人もあります。銀行やクレジットカードの勧誘をはじめ、インターネットプロバイダーへの加入のお願い、新商品に紹介などがおもなアウトバウンド業務になります。受信タイプとは違い、こちらからまだ見ぬ相手に電話をして声をかけるというのは、かなり手馴れていないと難しい仕事だとおもいます。普段からおしゃべりで誰とでも仲良く話せるのよという方でも相手がどういう返答をしてくるのか全く予知できませんので、意外と苦労してしまうでしょう。受信・発信とどちらのタイプにしても、会話をしなければいけない点で苦手だという人もいるし、やってみたけれど1週間で辞めてしまう人も多いのが事実です。

Comments have been closed/disabled for this content.